4-5. プロジェクト設定

0 comments

各機能の設定の変更は「プロジェクト設定」画面でおこないます。オプション>プロジェクト設定…を選んでください。

 

以下の画面が表示されます。

1. 地図サイズ

地図のサイズを決定します。通常は緯度経度を入力します。

 

2. 背景

背景色を決定します。上部色と下部色のグラデーションになります。

 

3. 位置線

オブジェクトから地図まで垂直に延びる線の表示/非表示を切り替えます。

 

4. オブジェクト描画

「地図表示」画面では、時空間マップを様々な角度から見ることができますが、初期設定ではオブジェクトのアイコンは常に正面を向くようになっています。

アイコンも時空間マップを操作する際に同じように角度を変えたい場合は、「視点に対して常に正面を向く」チェックボックスをOFFにしてください。

 

5. オブジェクト間線

オブジェクト同士を線で結ぶことができますが、通常は同じカテゴリのオブジェクトは全て線で結ばれます(カテゴリ同士を結ぶ)。サブカテゴリ同士だけを線で結びたい場合には、「サブカテゴリ同士を結ぶ」を選択してください。

6. カメラ視野角

角度を上げると、物体の手前から奥への遠近感が強くなります。

45度の場合と、20度の場合を比べてみてください。

45度の場合

20度の場合

 

7. スムーズムーブ

スムーズムーブは、立体の移動に慣性をつけるものです。数値を上げるとマウスやトラックパッドの動きに少し遅れてついてくるようになります。

 

8. 高画質テクスチャ

高画質テクスチャのONにすると、地図の画質が上がりますが、処理速度は落ちます。

 

プレイヤーのみの機能

9〜13はプレイヤーで開いたときにのみ有効になる機能です。

 

9. 言語

プレイヤーで再生する際の表示言語を選びます。

 

10. 表示するアイテム

リスト、カテゴリ、カメラ位置ボタン、ナビゲータ、時間軸の操作画面の表示/非表示を切り替えます。

 

11. リストの高さ

リストとカテゴリは高さの割合を変えることができます。余り多くのカテゴリがない場合は、リストの高さを長くすると、オブジェクトのリストが見やすくなります。

 

12. トラックパッド機能

ノートパソコンやApple製のMagic Trackpadを利用すると、より直感的な操作をおこなうことができます。
Trackpad機能を使いたい場合にはONにしてください。

 

13. マップ上の時間表示

「地図表示」画面上で、それぞれの地図の横に年代/時間を表示します。

Posted by admin   @   27 5月 2012 0 comments

0 Comments

Sorry, comments are closed.

Rozo Theme by ZENVERSE and SWAGCT